読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「妄想力」を高め、論理的に伝えるブログ

「妄想力(想像力)」豊かに、自分の頭で考えるスキルをアップしたい。今自分の考えている世界の外を見たい。そんな活動を読者の方に分かる様にアウトプットしていきます。お気軽にフィードバックいただければ幸いです。

「100%好かれる1%の習慣」byマナー講師 松澤萬紀

読書感想文

ANA客室乗務員として12年。500万人ものお客様から学んだ人間関係の法則を教えてもらえると本屋で見かけ、AMAZONで評価が星1つのレビューを見ると「当たり前の事しか書いてない」とあったが星5の評価も多かったので買ってみました。

 相手の立場になって物事を考える事が大事

人に認められたい・大事にされたい・わかってほしい、という承認欲求を満たす事が人間関係を円滑してくれる。自分本位の振る舞いになっていないか、相手のニーズに適っているかを常に考えて、お互いに与え合う関係を築くといい。

 

自分に余裕がない時こそ、優雅に振る舞う。急いでいる時こそ走らない。疲れている時こそ背筋を伸ばす。そして相手が少し得をすることを、さりげなく差し出せるようになれば、だれかから助けてもらえるえしょう。

 

親切はやり続けて習慣になると、意識しなくても自然な「相手に悟られない習慣」となり、最も相手の心に届きやすいのです。

 

目の前で困っている人を助けることが、縁をつなぐことで、ビジネスチャンスに恵まれるには、自分から縁をつないであげられる人(紹介する人)になることが大切。少しくらい自分の身を削ってもそれが相手の役にたつなら受け入れてみよう。

 

話し手は自分の話をただ聞いてくれる人に信頼を寄せます。たとえ問題は解決しなくても、聴いてもらえるだけで、人の心はとても軽くなるからです。そう思ってもらうには下記の4つが効果的だ。
1)相手の目を見る
2)相手に体を向ける
3)メモをとる
4)相手の心に土足で入らない

 

セールスのコツは「常に笑顔でいる」「売り込まない」「どの年代でも理解できる言葉を使う」こと。人は自分の問題を解決してくれる相手に信頼を寄せます。それも早く解決してくれたとしたら強く心に残るものです。メールよりも実際に対面することで信頼関係が築かれ、手抜きをすると人間関係に誤解が生じ、しっぺ返しが来る。

その他印象に残った言葉

・洋服選びは相手にどういう印象を与えたいかで決めましょう・親しみを込めて名前を呼んでくれる人に仲間意識を持つ
・正論を振りかざすだけでは相手は心を開いてくれない
・年齢は女性には10歳若く、男性は5歳若く見積もる
・謝罪は2回して、お礼は4回する小さくても気持ちの恩返しをして、心からのありがとうの言葉があれば上手くいく
・何も成し遂げていなくても自信を持っていい
・できる理由にも、できない理由にも根拠はない
・相手の印象に残るようにするには、別れ際の1秒で相手の心を開かせるひと言を付けくわえる。
心からの笑顔は相手を喜ばせ、感謝されることに気づいた


今までより3割多く褒めることを心がけ、褒めるのが苦手な人周りの人が褒めていたと伝える方がお世辞ではない上手に相手を褒めることができる。

 

今日の妄想

AMAZONのレビューの通り、当たり前のことが書いてるのだが、この当たり前の事を忘れてしまう事がある。この当たり前の事を日々意識して暮らしていきたいと思うので、この本に改めて気づかせてもらえた事は大きかったです。