「妄想力」を高め、論理的に伝えるブログ

「妄想力(想像力)」豊かに、自分の頭で考えるスキルをアップしたい。今自分の考えている世界の外を見たい。そんな活動を読者の方に分かる様にアウトプットしていきます。お気軽にフィードバックいただければ幸いです。

「えんとつ町のプペル」著者 西野亮廣さん講演会(前編)

絵本「えんとつ町のプペル」で話題の西野亮廣さんが、静岡でお話をすると聞いて参加。何かと話題の人なので気軽に聞いていたが、とてもとても強く良い刺激的な内容で感動した。サイン本もその場で購入。

 

西野亮廣さんは発達障害をカミングアウト
本人が言っていた話で、西野さんは発達障害で電子レンジが使えないのだ。不精な外見や早く強く喋るのは、発達障害だからなのかも。「西野さんの写真を撮るのはOKだけど、西野さんにポーズを求めたりするのはNG」とスタッフの方が言っていて、普通の人ではないという事が伝わってきた。

会場に入ってくるなり、「みなさん今日は何の話が聞きたいですか」「何の話が聞きたいか、そこに座ってる女性の方が決めてください」と言い出し、なんだこの人はと不快感を感じる事もあったが、とにかく常識の枠にはめられる人ではないのだ。

 

クラウドファンディング
えんとつ町のプペル」の制作費は1万人以上の人から5,000万円以上をクラウドファンディングで集めている。その目的はお金を得る事ではなく、いかに沢山の人が制作者として関わるという事。投資してくれた人全員が制作者であり、この絵本を宣伝してくれるから。そうして、1万部売れればヒットと言われる絵本を33万部販売した。

 

クラウドファンディングは信用をお金に変えるツール。認知度の高い有名人より、信用され人気のある人が成功している。認知度の高い人は広告的に価値のある人。飲食番組では嘘でも美味しいと言わなければならない。嘘を言わなければいけない状況に身を置く事になり信用を失ってしまう。ここで西野さんは具体的な有名人の名前を挙げていたので、ヒヤヒヤしたがとても分かりやすかった。

 

ホームレス芸人小谷さん
信用がある人の例としてホームレス芸人の小谷さんが紹介され、その場に小谷さんが登場。小谷さんは真っ赤な服を着てぽっちゃり体型でホームレスに見えない。お金は持ってないけどお金にも生活にも困っていないそうだ。

 

小谷さんの仕事は1日50円でさまざまな依頼に応えること。1日50円で一生懸命仕事をしてくれる。そんな姿を見た依頼主はお昼をご馳走したり、夜は飲みに連れていく。依頼主の女性と結婚する事になり、結婚資金をクラウドファンディングで集めた。投資するのは小谷さんを信用する過去の依頼主。お金を持っていなくても信用によって必要な物を手に入れる事ができる。

(後編へ続く)